オアシスロゴ
 
 





●自賠責制度とは…
 自賠責保険・共済は、「交通事故被害者を救済する基本的な対人賠償の確保」と、万一あなたが
「交通事故の加害者になってしまった場合の経済的負担を補う」制度です。
 クルマやバイク(原動機付自転車を含む)1台ごとに、加入が義務づけられています。

 ○保険料・共済掛金(各社一律同額)
   離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する保険料・共済掛金           (単位:円)
60ヵ月 48ヵ月 36ヵ月 24ヵ月 12ヵ月
自家用乗用自動車 29,520 21,550 13,410
軽自動車(検査対象車) 28,910 21,140 13,210
小型二輪自動車(250cc超) 11,900 09,680 07,420
軽二輪自動車(126〜250cc) 17,330 14,990 12,600 10,160 07,670
原動機付自転車(125cc以下) 14,380 12,600 10,790 08,950 07,060
(令和2年4月現在)


●もし自賠責保険・共済に加入していなかったら…
 @多額の賠償金を全額自己負担することになります。
  ◆死亡事故による自賠責保険金支払額平均2,400万円
 A加害者が支払えない場合は、被害者救済のため国が一時的に立替払いしますが、全額加害者より
  お返し頂きます。
  ◆国の立替払額は、下記自賠責限度額の範囲内となります。


●交通事故の被害者数は…
 交通事故は年間に38万件以上発生し、死傷者数も46万人を超えています。

(出典:警察庁交通局)


●自賠責の限度額は…
 交通事故の損害の状況に応じて、被害者1人ごとに保険金・共済金が支払われます(支払限度額が
 決められています)。
 交通事故の被害者は、加害者が自賠責保険・共済に加入している損害保険会社・共済協同組合・
 農業協同組合に対して、直接、損害賠償額を請求することができます。

 ○損害の範囲・支払限度額表
損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、文書料、
休業損害、慰謝料
最高120万円
後遺障害による
損害
逸失利益、慰謝料等 ●神経系統精神胸腹部臓器に著しい
 
障害を残して介護が必要な場合
 常時介護のとき:最高4,000万円
 随時介護のとき:最高3,000万円

●後遺障害の程度により

 第 1 級:最高3,000万円
 第14級:最高75万円
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料 最高3,000万円
死亡に至るまでの
傷害による損害
(傷害による損害の場合と同じ) 最高120万円


●自賠責の契約から支払いまでの流れは…
 保険金・共済金は、損害保険会社・共済協同組合や農業協同組合から支払われます。国土交通省は
 その支払いが適正かつ迅速に行われるよう基準を定め、監督しています。

 ○自賠責保険・共済の契約から保険金・共済金の支払いまでの流れ


●自賠責の有効期限チェック法は…
●ステッカーの貼替え忘れにご注意!!
自賠責ステッカー 車検ステッカー
 ステッカーを貼らずに運行
 した場合
30万円以下の罰金 50万円以下の罰金
 有効期限切れステッカーを
 表示した場合
20万円以下の罰金 30万円以下の罰金
根拠法令 自動車損害賠償保障法 道路運送車両法


●自賠責への加入は簡単です
 各損害保険会社・共済協同組合・農業協同組合はじめ、クルマ・バイクの販売店や保険(共済)
 代理店でも、簡単な手続で加入できます!
 250t以下のバイク(原付含む)なら、一部のコンビニや郵便局、インターネットでも、簡単な
 手続で加入できます!
  


●自転車保険について
 自転車は自賠責保険・共済に加入できません。
 自転車による事故も補償対象とする保険・共済には個人賠償責任保険・共済などがあります。
 ご加入希望の方は、各損害保険会社・共済協同組合や農業協同組合又はお近くの保険(共済)
 代理店へお問い合わせください。


●交通事故の被害者に対するさまざまな救済対策
 国土交通省では、自動車事故による被害者に対して、各種団体や病院などと提携し、さまざまな
 救済対策を行っています。

 ○交通事故被害者向けのパンフレット
  パンフレット「交通事故にあったときには」 交通事故被害者に必要な自賠責保険(共済)制度、各種支援制度及び支援相談機関等の情報を網羅的に紹介するパンフレットを作成しております。


(https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidoshajiko.html)

 ○交通事故に関する相談先の紹介、介護料の支給、短期入院費用の助成、療護施設の運営、
  交通遺児などに対する育成資金の無利子貸付など
  独立行政法人 自動車事故対策機構         https://www.nasva.go.jp 
  〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-2-1
  アルカイースト19階

  NASVA交通事故被害者ホットライン
                電話      0570-000738
                IP電話からは  03-6853-8002

 ○交通遺児などに対する育成給付金、生活資金、入学支度金の支給など
  公益財団法人 交通遺児等育成基金         http://www.kotsuiji.or.jp 
  〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5
  海事センタービル7階
                電話 0120-16-3611

 ○自賠責の支払いに関して紛争が生じた場合など
  一般財団法人 自賠責保険・共済紛争処理機構    http://www.jibai-adr.or.jp 
  〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4
  龍名館本店ビル11階
  〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3-2-15
  モレスコ本町ビル2階
                電話 0120-159-700

 ○自動車事故の相談・示談あっ旋・電話相談など(無料)
  公益財団法人 日弁連交通事故相談センター     
  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3      (https://www.n-tacc.or.jp)
  弁護士会館14階(本部)ほか全国一円

  
弁護士による無料の電話相談 電話      0570-078325
 
(通話料有料)         IP電話からは  03-3581-1770





 もし、こんなことがあなたに起こったら…


 もし、自賠責保険・共済に加入せずに運行した場合には…
  1年以下の懲役または50万円以下の罰金(自動車損害賠償保障法)、および違反点数6点となり、
  免許停止(道路交通法)などの処分の対象となります。もし、人身事故を起こした場合は多額の
  損害賠償金を全額、自分で支払わねばなりません。








自賠責保険・自賠責共済


  

このページのトップに戻る