オアシスロゴ
 
 





   本運動は、県民一人一人に交通安全思想を普及し、交通安全意識の高揚を図るとともに、交通
  ルールの遵守と交通マナーの実践を習慣付けることにより、県民全体で交通事故防止に取り組む
  ことを目的とします。



  令和3年4月6日(火) 〜 4月15日(木) までの10日間



  ● 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
  
● 自転車の安全利用の推進
  ● 歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上



  長崎県交通安全推進県民協議会



  ★ 重点1 ★
   「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保」

   新入学児童が新たに交通社会の一員に加わり、子供の交通事故の危険性が高まります。
   また、依然として、高齢歩行者が道路を横断中に車両と衝突して亡くなるという交通事故が多く
   発生しています。子供から高齢者までの全ての歩行者を交通事故から守るため、次の項目を推進
   します。

   子供は…
   ○「道路に飛び出さない」「横断歩道を渡る」「道路で遊ばない」など交通ルールを守りましょ
     う。
   ○ 登下校時などは、遊びながら道路を歩かないように注意しましょう。

   高齢歩行者は…
   ○ 道路を横断するときは近くの横断歩道を利用し、横断する前に手を挙げて、運転者に「手のひ
     ら」を示して横断の意思を伝えて、車両が止まってから横断しましょう。
   ○ 道路を横断するときは、左右の安全確認をしてから横断を開始しましょう。また、横断途中も
     左右の安全を行い、特に左から走ってくる車両の確認をしっかりしましょう。

   運転者は…
   ○ 運転中は常に歩行者の存在を確認し、子供や高齢者の近くを通行するときは、安全な速度に減
     速し、安全な間隔を保ちましょう。
   ○ 通学路や、高齢者が多く歩いている場所では、歩行者の飛び出しや横断を予測して、あらかじ
     め安全な速度で走行するなど、安全運転に心掛けましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 子供や高齢者が多く通行する地域では、交差点などでの歩行者の保護・誘導活動を徹底し、安
     全な通行を確保尾しましょう。
   ○ 子供や高齢者の交通事故実態を踏まえて、参加・体験・実践型の交通安全教室や、高齢者宅訪
     問活動などによる交通安全指導を推進しましょう。

   歩行者も交通ルールを守りましょう!
◆「横断禁止」標識
  この標識が設置された道路は、横断することができません!

  また、横断禁止場所でなくても、先が見通せない場所や夜間に暗い場所
  などは危険ですので、このような場所での横断はやめましょう!


  ★ 重点2 ★
   「自転車の安全利用の推進」

   自転車運転中の交通ルールの遵守と交通マナーの向上を促進して、自転車による交通事故を防止
   するため、次の項目を推進します。

   自転車利用者は…
   ○「自転車安全利用五則」を遵守し、マナー向上を図りましょう。
   ○ しっかりと歩行者への注意を払い、歩行者を保護しましょう。
   ○ 自転車運転中は、スマートフォン等を使用すること、イヤホン等を使用して大音量で音楽を聴
     くこと、傘をさすことは禁止されているので絶対にやめましょう。
   ○ 自転車運転中の加害事故に備え、損害賠償保険に加入しましょう。

【自転車安全利用五則】
 @ 自転車は車道が原則、歩道は例外
 A 車道は左側を通行
 B 歩道は歩行者優先で、車道寄り徐行
 C 安全ルールを守る
   ★ 飲酒運転・二人乗り・並進禁止
   ★ 夜間はライト点灯
   ★ 信号遵守
   ★ 交差点で一時停止・安全確認
 D 子供はヘルメット着用

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 子供が自転車に乗るときは、ヘルメット着用と交通ルールを指導しましょう。
   ○ 自転車利用者に対して、「ながら運転」の禁止や歩行者保護などの交通ルールの遵守と安全運
     転の声掛けを実践しましょう。


  ★ 重点3
   「歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上」

   横断歩道では歩行者が優先ですが、横断歩道で歩行者が横断しようとしていても、停止しない車
   両が多いため、歩行者は安心して道路を横断できません。
   また、スマートフォンの画面を見ながら運転する「ながら運転」や「飲酒運転」などの危険な行
   為による交通事故も発生しています。
   車両の運転者の視点から、歩行者の保護を始め、運転中に危険な行為を行わないなど、安全運転
   意識の向上を図るため、次の項目を推進します。

   運転者は…
   ○ 横断歩道手前の路面に表示された「ひし型」マークは、先の方に横断歩道があることを知らせ
     る予告標示です。この標示がある場所では、横断歩行者がいる場合、横断歩道の手前で停止で
     きるような速度で進行しましょう。
   ○ 横断歩道では歩行者が優先です。横断歩道の手前では、歩行者の有無を確認し、歩行者がいる
     ときは必ず歩行者に道を譲りましょう。
   ○ 運転中は運転に集中し、安易にスマートフォンを操作するなど、危険な「ながら運転」は絶対
     にやめましょう。
   ○ 車両を運転するときは、心に余裕を持って運転するよう心掛けて、イライラして他人を威嚇す
     るような、いわゆる「あおり運転」や「飲酒運転」などの危険な運転は絶対にやめましょう。

   高齢運転者は…
   ○ 身体機能の変化を自覚して、ゆとりある運転に努めましょう。
   ○ 運転を続ける必要がある高齢運転者は、安全運転サポート車の購入や後付けの踏み間違い防止
     装置の取り付けなどを検討しましょう。
   ○ 高齢運転者を対象とした参加・実践・体験型の講習会等に積極的に参加し、自己の運転能力の
     確認・振り返りを行い、今後の運転継続の見直しを行いましょう。
   ○ 運転に不安を感じたら、運転免許窓口に相談するなどして、運転免許証の自主返納も検討しま
     しょう。

   職場では…
   ○ 車両を使用する事業所では、運転者の歩行者を保護する意識を高める取組を推進しましょう。
   ○ 車両の運転者に対しては、横断歩道手前では減速し、また、横断歩道に歩行者がいるときは必
     ず停止するように指導教育しましょう。
   ○ 運転中のスマートフォンの使用、あおり運転、飲酒運転の危険性などについて指導教育や広報
     啓発を推進しましょう。

   横断歩行者がいるのに車両が停止しないのは違反です!
   横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるのに、車両が横断歩道手前で停止せずに通過する行為
   や、すでに横断している歩行者を立ち止まらせる行為等は「
道路交通法違反」です!

横断歩行者等妨害違反の反則金・点数
大型車 普通車 二輪車 小型特殊車 原付車
反則金(単位:円) 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
点       数 2



4月06日(火)
広報活動 強化の日
街頭指導活動
・歩行者やドライバー等に交通安全運動への積極的な参加を呼びかけます。
・登下校指導をはじめ、子供と高齢者に対する歩行中の危険行動、運転者に対する歩行者保護や特に後部座席のシートベルト着用等について街頭指導を強化します。
4月12日(月)
4月07日(水) 歩行者保護強化の日 ・横断歩道における歩行者保護活動を推進し、運転者の歩行者優先意識の向上を呼び掛けます。
 4月10日(土) 交通事故死ゼロを目指す日 ・県民一人一人が交通事故に注意して行動するよう呼び掛けます。

  【交通事故死ゼロを目指す日】
    全国では、記録が残る昭和43年以降、毎日交通事故により尊い命が失われています。
    このような中、交通安全に対する国民の意識を高めるため、平成20年に新たな国民運動
    として「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられました。
    この日は一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーを高め、交通事故に注意して行動
    することで、交通事故を防ぎ、交通事故死傷者数の減少を図ろうとするものです。



  長崎県交通事故相談所
    長崎市尾上町3-1(長崎県庁舎行政棟2階交通・地域安全課内)
     TEL 095-824-1111(内線3776・3777)

    ★月曜日〜金曜日の午前9時〜午後4時まで(祝日・年末年始を除く)
    ★相談無料・秘密厳守・電話、文書でも受付
    ★チラシ pdf (321kB)



          
 
 

このページのトップに戻る