オアシスロゴ
 
 





   本運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナー
   の実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進すること
   により、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。



  平成29年4月6日(木) 〜 4月15日(土) までの10日間



  ● 歩行中・自転車乗用中の事故防止(自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底)
  ● 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  ● 飲酒運転の根絶



  長崎県交通安全推進県民協議会



   ☆ 運動の基本 ☆
   「子供と高齢者の交通事故防止」(高齢運転手の事故防止を含む)

   子供とその保護者及び高齢者の交通安全意識の高揚を図るとともに、子供と高齢者に対する保護
   意識の醸成を図るため、次の項目を推進します。

   子供と高齢者は…
   ○ 子供は、「道路に飛び出さない」、「横断歩道を渡る」、「道路で遊ばない」など交通ルール
     を守りましょう
   ○ 高齢運転者は、身体機能の衰えを自覚してゆとりある運転に努め、警察や自治体が開催する交
     通安全講習会に積極的に参加しましょう。また、車の運転に不安を感じたときは、交通事故の
     加害者や被害者となる前に運転免許証の返納を検討しましょう。
   ○ 高齢歩行者は、夜間・早朝・夕暮れ時などに外出する際には、明るい服装や反射材用品を身に
     付けるなど、運転者から見えやすい服装に心掛けましょう。
   ○ 横断歩道等を渡る場合は、手をあげるなどして横断の意思を示すように心掛けましょう。

   運転者は…
   ○ 周囲が見えづらい夜間・早朝・夕暮れ時などは、歩行者が道路を横断しているかも知れないと
     予測し、注意しながら運転しましょう。
   ○ 歩いている子供や高齢者の近くを通過するときは、減速、徐行するなど安全運転に努めましょ
     う。
   ○ 横断歩道において、横断中の歩行者や横断しようとする歩行者がいるときは、その横断歩道の
     前で必ず一時停止しましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 身近で起きた子供や高齢者の交通事故について話し合い、交通安全の意識を高めましょう。
   ○ 高齢者が夜間・早朝・夕暮れ時などに外出する際や、子供の帰宅が遅くなるときなどには、車
     に注意するよう声を掛けたり、明るく目立つ服装や反射材用品を身に付けるよう促しましょう
   ○ 参加・体験型の交通安全教育等の推進により、交通ルール・交通マナーの習得及び理解向上と
     安全行動を促進しましょう。


   ★ 重点1
   「歩行中・自転車乗車中の交通事故防止」
    (自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底)

   歩行中及び自転車乗用中における交通ルールの遵守と交通マナーの向上を促進するため、次の
   項目を推進します

   歩行者は…
   ○ 反射材用品の利用や明るい目立つ色の服装に努めましょう。また、横断歩道を渡るなど交通
     ルールを守りましょう。

   自転車利用者は…
   ○「自転車安全利用五則」など交通ルールを遵守し、交通マナーの向上を図りましょう。

【自転車安全利用五則】
 @ 自転車は車道が原則、歩道は例外
 A 車道は左側を通行
 B 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 C 安全ルールを守る
   ★ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ★ 夜間はライトを点灯
   ★ 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 D 子供はヘルメットを着用

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 子供が自転車に乗るときは、ヘルメットを着用させるとともに、「自転車安全利用五則」など
     自転車の正しいルールやマナーについて指導しましょう。
   ○ 自転車走行中の携帯電話等使用は禁止されていることを指導しましょう。
   ○ 職場の朝礼等を利用して、自転車利用中に多い出会い頭の接触事故等身近な事例を挙げて指導
     しましょう。
   ○ 夕暮れ時や夜間の視認性、反射材用品や明るい色の服装等の着用効果などを認識・理解させる
     参加・体験型交通安全講習を受講させ、啓発を図りましょう。


   ★ 重点2 ★
   「後部座席を含めた全ての座席のシートベルトと
             チャイルドシートの正しい着用の徹底」

   後部座席を含めた全ての座席においてシートベルトとチャイルドシートの正しい着用を徹底し、
   交通事故発生時における被害の防止・軽減を図るため、次の項目を推進します。

   運転者は…
   ○ 発進前のシートベルトとチャイルドシートの全席着用確認や着用後の発進を実践しましょう

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ シートベルトとチャイルドシートの正しい着用を習慣付けましょう。
   ○ 出勤・退勤時に、シートベルト着用の確認を行うなど、各事業所において後部座席を含めた着
     用の徹底を図りましょう。


   ★ 重点3 ★
   「飲酒運転の根絶」

   運転者をはじめ広く県民一人一人に対し、飲酒運転による交通事故で、尊い人命が失われている
   現状を訴えて規範意識の確立を図るとともに、飲酒運転を根絶するため、次の項目を推進します。

   運転者は…
   ○ 飲酒運転は、刑事、行政及び民事上の厳しい責任を伴う犯罪であることを自覚し、「飲酒運転
     は絶対にしない」という強い意志をもちましょう。
   ○ 二日酔いで運転すれば、飲酒運転になることを自覚し、翌朝に運転予定がある場合は、酒量や
     飲酒時間に配慮しましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 日頃から飲酒運転の悪質・危険性や飲酒事故の悲惨さを話し合い、飲酒運転を絶対に許さない
     環境づくりに努めましょう。
   ○ 飲酒運転をしないための職場内検討会を行ったり、朝の出発時にアルコールチェッカー等を利
     用するなど、職場ぐるみで飲酒運転の根絶に取り組み、規範意識を高めましょう。



4月06日(木)
広報活動 強化の日
街頭指導活動
 歩行者やドライバー等に交通安全運動への積極的な参加を呼びかけます。
 登下校指導をはじめ、子供と高齢者に対する歩行中の危険行動、運転者に対する歩行者保護や後部座席を含めた全席シートベルト着用等について街頭指導を強化します。
4月07日(金) 飲酒運転根絶啓発強化の日  飲酒運転の根絶に向けた啓発活動を推進します。
4月10日(月) 交通事故死ゼロを目指す日  住民一人一人が交通事故に注意して行動するよう呼び掛けます。
4月14日(金) 街頭指導活動強化の日  登下校指導を始め、子供と高齢者に対する歩行中の危険行動、運転者に対する歩行者保護や後部座席を含めた全席シートベルト着用等について街頭指導を強化します。

  【交通事故死ゼロを目指す日】
    全国では、記録が残る昭和43年以降、毎日交通事故により尊い命が失われています。
    このような中、交通安全に対する国民の意識を高めるため、平成20年に新たな国民運動
    として「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられました。
    この日は一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーを高め、交通事故に注意して行動
    することで、交通事故を防ぎ、交通事故死傷者数の減少を図ろうとするものです。



  長崎県交通事故相談所
    長崎市万才町4-12(日本生命ビル旧館1階) TEL 095-824-1111

    ★月曜日〜金曜日の午前9時〜午後4時まで(祝日・年末年始を除く)
    ★相談無料・秘密厳守・電話、文書でも受付
    ★チラシ pdf (903kB)



          
 
 

このページのトップに戻る