オアシスロゴ
 
 





  本運動は、県民一人一人に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい
 交通マナーの実践を習慣付けることにより、県民全体で交通事故防止に取り組むことを目的
 とします。



  令和3年9月21日(火) 〜 9月30日(木) までの10日間



  ● 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
  
● 夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
  ● 自転車の安全確保と交通ルール順守の徹底
  ● 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶



  長崎県交通安全推進県民協議会


                             

   ★ 重点1 ★
   「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保」

   依然として道路で子供が危険にさらされる状況も見られ、次世代を担う子供を交通事故から守る
   必要があります。また、高齢歩行者が道路を横断中に車両と衝突して亡くなる交通事故も多く発
   生しています。道路を横断するときは、近くの横断歩道を利用し、横断する前には手を挙げて、
   運転者に「手のひら」を示して横断の意思を伝え、車両が止まってから横断するなど、自らを守
   る行動を実践しましょう。そのほか、子供から高齢者までの全ての歩行者を交通事故から守るた
   め、次の事項を推進します。

   子供は…
   ○「道路に飛び出さない」、「横断歩道を渡る」、「道路で遊ばない」などの交通ルールを守り
     ましょう。
   ○ 登下校時などは、遊びながら道路を歩かないようにしましょう。

   高齢歩行者は…
   ○ 道路を横断するときは、左右の安全確認をしてから横断を開始しましょう。また、横断途中も
     左右の安全を確認し、特に、左から走ってくる車両の確認をしっかりしましょう。
   ○ 道路部分の斜め横断は禁止されています。十分な安全確認を行った上で、安全な最短距離を渡
     りましょう。(※スクランブル方式の交差点を除きます。)

   運転者は…
   ○ 運転中は常に歩行者の存在を確認し、子供や高齢者の近くを通行するときは、安全な速度に減
     速しましょう。
   ○ 通学路や高齢者を含む歩行者が通行する生活道路などでは、歩行者の飛び出しや横断を予測し
     て、あらかじめ安全な速度で走行するなど、安全運転を心掛けましょう。

   自転車利用者は…
   ○「自転車安全利用五則」を遵守し、マナー向上を図りましょう。
   ○ 歩行者への注意をしっかりと払い、歩行者を保護しましょう。
   ○ 自転車運転中は、スマートフォン等を使用すること、イヤホン等を使用して大音量で音楽を
     聴くこと、傘をさすことは禁止されているので絶対にやめましょう。
   ○ 自転車運転中の加害事故に備え、損害賠償保険に加入しましょう。

   家庭・学校・地域では…
   ○ 子供や高齢者が多く通行する地域では、交差点などでの歩行者の保護・誘導活動を徹底し、安
     全な通行を確保しましょう。
   ○ 子供や高齢者の交通事故実態を踏まえて、参加・体験・実践型の交通安全教室や、高齢者宅訪
     問活動などによる交通安全指導を推進しましょう。



   ★ 重点2 ★
   「夕暮れ時と夜間の事故防止と
          歩行者等の保護など安全運転意識の向上」

   秋が深まるにつれて日没時間が早まり、運転者から周囲が見えにくい状態となるため、夕暮れ時
   から夜間にかけて重大な交通事故が発生しやすくなります。また、横断歩道に歩行者がいても一
   時停止しない車両がみられます。よって、安全運転意識の向上を図って、夕暮れ時を始めとする
   各種の交通事故を防止するため、次の事項を推進します。

   歩行者は…
   ○ 夕暮れ時・夜間に外出するときは、明るい服装に心掛け、反射材を着用しましょう。
   ○ 道路を横断するときは、近くの横断歩道を渡りましょう。

   運転者は…
   ○ 夕暮れ時は早めのライト点灯に心掛け、歩行者や自転車を早期に発見できる状態で運転して、
     相手に自分の存在を知らせましょう。
   ○ 横断歩道手前の路面に標示された「ひし形」マークは、先の方に横断歩道があることを知らせ
     る予告標示です。この標示がある場所では、横断歩道の手前で停止できるような速度で進行し
     た上で、歩行者の有無を確認し、歩行者がいるときは必ず歩行者に道を譲りましょう。

   高齢運転者は…
   ○ 身体機能の変化を自覚して、ゆとりある運転に努め、体調や天候、道路状況等に応じた安全な
     運転を行い、不安があるときは運転を控えましょう。
   ○ 継続的な運転の必要がある場合、安全運転サポート車の購入や踏み間違い防止装置の取付けな
     どを検討しましょう。
   ○ 高齢運転者を対象とした参加・実践・体験型の講習会等に積極的に参加し、自己の運転能力の
     確認・振り返りを行い、今後の運転継続の見直しを行いましょう。
   ○ 運転に不安があれば、運転免許窓口に相談するなどして、運転免許証の自主返納も検討しまし
     ょう。

   職場では…
   ○「夕暮れ時の早め点灯」「雨天・曇天時の終日点灯」のほか、「夜間のライト上向き下向きの
     こまめな切り替え」を啓発しましょう。
   ○ 車両を使用する事業所は、運転者の歩行者を保護する意識を高める取組を推進しましょう。
   ○ 車両の運転者に対しては、横断歩道手前では減速し、また、横断歩道に歩行者がいるときは必
     ず停止するように指導教育しましょう。



   ★ 重点3 ★
   「自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底」

   自転車は、様々な目的で利用されていますが、交通ルールの理解不足による交通違反を原因とす
   る事故も発生しています。自転車運転中の交通ルールの遵守と交通マナーの向上を促進して、交
   通事故を防止するため、次の項目を推進します。

   自転車利用者は…
   ○「自転車安全利用五則」を遵守し、マナー向上を図りましょう。
   ○ 歩行者への注意をしっかりと払い、歩行者を保護しましょう。
   ○ 自転車運転中は、携帯電話等を使用すること、イヤホン等で大音量で音楽を聴くこと、傘をさ
     すことは禁止されているので絶対にやめましょう。
   ○ 自転車運転中の加害事故に備え、損害賠償保険に加入しましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 全ての世代の自転車利用者に、ヘルメット着用と交通ルールの遵守を呼び掛けましょう。
   ○ 自転車利用者に対して、「ながら運転」の禁止や歩行者保護などの交通ルールの遵守と安全運
     転の声掛けを実践しましょう。

【自転車安全利用五則】
 @ 自転車は、車道が原則、歩道は例外
 A 車道は左側を通行
 B 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 C 安全ルールを守る
   ★ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ★ 夜間はライトを点灯
   ★ 交差点での信号遵守と一時停止
   ★ 安全確認
 D 子供はヘルメットを着用



   ★ 重点4★
   「飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶」

   広く県民に対して、飲酒運転やあおり運転等の悪質性・危険性を呼び掛けて、悪質・危険な運転
   を「しない・させない」との意識の確立を図り、この種の運転を防止するため、次のことに取り
   組みます。

   運転者は…
   ○ 飲酒運転は犯罪であることを強く自覚し、「飲酒運転は絶対にしない」という強い意志を持っ
     て運転しましょう。
   ○ お酒を飲んで一定時間が経過しても、体にアルコールが残っていれば酒気帯び状態です。運転
     予定を考慮し、飲酒時間や飲酒量に注意しましょう。
   ○ 車両を運転するときは、心に余裕を持って運転に集中し、安易にスマートフォンを操作するな
     どの危険な「ながら運転」や、イライラして他人を威嚇するような、妨害運転(「あおり運転
    」)などの危険な運転は絶対にやめましょう。

   家庭・職場では…
   ○ 日頃から、飲酒運転や妨害運転(「あおり運転」)などの悪質・危険性などを話題にして、飲
     酒運転等を絶対に許さない環境づくりに努めましょう。
   ○ 運転開始前にはアルコールチェッカーによる確認を行うなど、職場全体で飲酒運転をさせない
     環境を整備し、飲酒運転の根絶に取り組みましょう。
   ○ 交通事故や交通上のトラブルを防止するため、ドライブレコーダーの導入を検討しましょう。



9月22日(水)
該当指導活動 強化の日
広 報 活 動
 登下校指導を始め、子供・高齢歩行者の道路横断
 時の保護誘導などの該当指導を強化します。
 また、交通安全意識向上のための呼び掛けを強化
 します。
9月24日(金) 飲酒運転根絶啓発強化の日  飲酒運転の根絶に向けた啓発活動を推進します。
9月30日(木) 交通事故死ゼロを目指す日  県民一人一人が、交通事故を起こさないよう、
 遭わないよう呼び掛けます。

  【交通事故死ゼロを目指す日】
    全国では、記録が残る昭和43年以降、毎日交通事故により尊い命が失われています。
    このような中、交通安全に対する国民の意識を高めるため、平成20年に新たな国民運動と
   して「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられました。
    この日には、一人ひとりが、交通ルールを守り、交通マナーを高め、交通事故に注意して
   行動することによって、交通事故を防ぎ、交通事故死傷者数の減少を図ろうとするものです。



  長崎県交通事故相談所
     長崎市尾上町3-1(長崎県庁舎行政棟2階交通・地域安全課内)
     TEL 095-824-1111(内線3776・3777)

     ★月曜日〜金曜日・午前9時〜午後4時(祝日・年末年始を除く)
     ★相談無料・秘密厳守・電話、文書でも受付
     ★チラシ pdf (321kB)



          
 
 

このページのトップに戻る