オアシスロゴ
 
 





  本運動は、県民一人一人の交通安全意識の醸成及び交通安全思想の普及・高揚を図るとともに、
 交通ルールの遵守と交通マナーの向上を習慣付けることにより、県民総ぐるみで交通事故の防止を
 図ることを目的とします。



  令和元年9月21日(土) 〜 9月30日(月) までの10日間



  ● 子供と高齢者の安全な通行の確保
  ● 高齢運転者の交通事故防止

  
● 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  ● 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  ● 飲酒運転の根絶



  長崎県交通安全推進県民協議会


                             

   ★ 重点1 ★
   「子供と高齢者の安全な通行の確保」

   次世代を担うかけがえのない子供と高齢者の命を守る活動に取組みます。

   子供と高齢者は…
   ○ 子供は、「道路に飛び出さない」「横断歩道を渡る」「道路で遊ばない」など交通ルールを
     守りましょう
   ○ 歩行者は、道路を横断するときは近くの横断歩道を利用し、横断する前には、手を挙げて、
     運転者に「手のひら」を示して横断の意思を伝え、安全確認をしっかりと行ってから横断
     しましょう。

   運転者は…
   ○ 運転中は、常に歩行者の存在を確認し、子供や高齢者の近くを通行するときは、安全な速度
     に減速しましょう。
   ○ 横断歩道では歩行者が優先です。横断歩道付近では歩行者の有無を確認して、歩行者がると
     きは、横断歩道手前で停止し、歩行者に道を譲りましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 身近や全国で起きた子供や高齢者の交通事故について話し合い、子供と高齢者を守る意識を
     高めましょう。
   ○ 歩きながら携帯電話の画面を見る行為の危険性に対する認識を高めましょう。
   ○ 歩行者でも加害者になるおそれがあることを自覚し、信号は必ず守りましょう。


   ★ 重点2 ★
   「高齢運転者の交通事故防止」

   高齢運転者による交通事故を防止するため次のことに取組みます。

   高齢運転者は…
   ○ 身体機能の変化を自覚してゆとりある運転に努めましょう。
   ○ 運転開始前に、アクセルとブレーキの位置を確認し、発信前には、ギアの位置を確認して、
     誤操作を防止しましょう。
   ○ 運転に不安を感じたら、運転免許窓口に相談するなどして、運転免許の自主返納も検討しま
     しょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○「自動ブレーキ」などが搭載されたセーフティー・サポートカーの普及に取り組みましょう。
   ○ 親族、近所、職場等で、運転に不安がある高齢運転者がいるときは、運転免許の自主返納を
     検討するよう促しましょう。


   ★ 重点3 ★
   「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」

   秋頃からは、夕暮れから日没までの時間が急激に早まり、歩行中・自転車乗用中の交通事故の
   危険性が高まることから、夕暮れ時と夜間の交通事故を防止するため、次のことに取組みます。

   運転者は…
   ○ 夕暮れ時は早めのライト点灯、雨天・曇天時は終日ライト点灯を心掛けて、歩行者や自転車
     を早期に発見できる状態で運転し、相手に自車の存在を知らせましょう。
   ○ 周囲が見えにくい夕暮れ時や夜間には、歩行者が道路を横断していることを予測して、注意
     しながら運転しましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 夕暮れ時・夜間には、運転者からは歩行者が見えにくいことから、明るい目立つ服装や反射
     材用品を身に着けるよう促しましょう。
   ○ 自転車利用者は、夕暮れ時と夜間には、ライトを点灯しましょう。
   ○ 自転車利用者には、万が一の交通事故に備えて、損害賠償保険に加入するように指導しま
     しょう。

【自転車安全利用五則】
 @ 自転車は車道が原則、歩道は例外
 A 車道は左側を通行
 B 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 C 安全ルールを守る
   ★ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ★ 夜間はライトを点灯
   ★ 信号遵守
   ★ 交差点での一時停止・安全確認
 D 子供はヘルメットを着用


   ★ 重点4 ★
   「全ての座席のシートベルトと
             チャイルドシートの正しい着用の徹底」

   交通事故発生時の被害防止・軽減のため、全ての座席でシートベルトとチャイルドシートの
   正しい着用を徹底するよう、次のことに取組みます。
※ 平成30年長崎県の後部座席シートベルト着用率 32.2%(一般道)
(警察庁・(一社)日本自動車連盟の合同調査)

   運転者は…
   ○ シートベルト・チャイルドシートの全席着用を確認して発進しましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ シートベルトとチャイルドシートの正しい着用を習慣付けましょう。
   ○ 事業所でも後部座席乗車時のシートベルト着用徹底を実践しましょう。
   ○ 高速乗合バス事業者や貸切バス等の事業者は、全席シートベルト着用の指導広報を行いま
     しょう。


   ★ 重点5 ★
   「飲酒運転の根絶」

   広く県民に対し、飲酒運転の危険性・悪質性を呼び掛けて、飲酒運転をしない、させないと
   いう意識の確立を図り、飲酒運転を根絶するため、次のことに取組みます。

   運転者は…
   ○ 飲酒運転は犯罪であることを強く自覚し、「飲酒運転は絶対にしない。」という強い意志を
     持って運転しましょう。
   ○ お酒を飲んで一定時間が経過しても、体にアルコールが残っていれば酒気帯び状態となりま
     す。運転予定を考慮し、飲酒時間や飲酒量に注意しましょう。

   家庭・学校・地域・職場では…
   ○ 飲酒運転の危険性・悪質性について話し合い、飲酒運転を絶対に許さない環境づくりに努め
     ましょう。
   ○ 飲酒運転をしないための職場検討会の開催、運転開始前のアルコールチェッカーによる確認
     など、職場全体で飲酒運転をさせない環境を整備し、飲酒運転の根絶に取組みましょう。



9月24日(火)
広報活動  強化の日
街頭指導活動
 歩行者やドライバー等に交通安全運動への積極的な参加を呼び掛けます。
 登下校指導を始め、子供と高齢者に対する歩行中の危険行動、運転者に対する歩行者保護、全席シートベルト着用、自転車の安全利用等について街頭指導を強化します。
9月30日(月)
9月27日(金) 飲酒運転根絶啓発強化の日  飲酒運転の根絶に向けた啓発活動を推進します。
9月30日(月) 交通事故死ゼロを目指す日  県民一人一人が交通事故に注意して行動するよう呼び掛けます。

  【交通事故死ゼロを目指す日】
    全国では、記録が残る昭和43年以降、毎日交通事故により尊い命が失われています。
    このような中、交通安全に対する国民の意識を高めるため、平成20年に新たな国民運動と
   して「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられました。
    この日には、一人ひとりが、交通ルールを守り、交通マナーを高め、交通事故に注意して
   行動することによって、交通事故を防ぎ、交通事故死傷者数の減少を図ろうとするものです。



  長崎県交通事故相談所
     長崎市尾上町3-1(長崎県庁舎行政棟2階交通・地域安全課内)
     TEL 095-824-1111(内線3776・3777)

     ★月曜日〜金曜日・午前9時〜午後4時(祝日・年末年始を除く)
     ★相談無料・秘密厳守・電話、文書でも受付
     ★チラシ pdf (321kB)



          
 
 

このページのトップに戻る